☆椿堂練り香水 沈丁花のかほり
 HOME > 練り香水を買う > 気軽に買える練り香水:比較表 > 椿堂練り香水:沈丁花のかほり

椿堂練り香水:沈丁花のかほり

【内容量】 4.2g
【成分】 ミネラルオイル、ワセリン、セレシン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリン、ミツロウ、香料、エチルヘキサン酸セチル、赤225、紫201
【容器サイズ】 直径3.2×高さ2.7cm

「椿堂練り香水」とは?

 椿堂練り香水は、「京都くろちく(京都の、和もの各種を扱っている会社)」が展開している練り香水のシリーズです。

入手は、まあまあ簡単

 椿堂練り香水桜のかほりは、販売元京都くろちくの直営ショップや、京都の土産物屋さん、各地の和雑貨のお店などで購入できます。

 私は、「椿堂練り香水シリーズ」はいくつか持っていますが、主に楽天市場やアマゾンで購入しています。二度ほど店舗で買ったはずなのですが、かなり前なので記憶があやふやになってしまい(早く記事にすればよかったのに)、多分、上野の雑貨屋さんだったように思うのですが、ちょっと定かでありません。

 私の予想では、出始めの頃に、「そのうち、もっと入手しやすくなるに違いない」と思っていたのですが、私の思ったほどには買いやすくなりませんでした。京都以外の土地で、行動範囲にくろちくの雑貨屋さんが無い人なら、ネットで買うほうが簡単だと思います。しかし、小さくて安い練り香水なので、私なら送料のかかる方法では買いたくないと思っています。

付け心地・香りは?

 付けた感触は、軟らかめです。やわらかいので扱いやすいですが、「ミツロウ感」を求める人にはだいぶもの足りないかもしれません。

 沈丁花をイメージした香りということですが、私は「これ、沈丁花?」と思いました。
 私の感覚ですと、薄甘いフローラル香で、一番近いのはローズ香のように思えます。なので、「ローズのかほり」で売っていても、全然おかしくないと思います。
 沈丁花のような、はっきりした独特の香りがあるものを、「本当に沈丁花ですか?」と感じるような香水にしたらダメなんじゃないかと思うのですが……。

 香り自体は、よい香りなので、私はこの練り香水をちゃんと使い切るつもりでいます。好きか嫌いかでいえば、好きな香りなので。
 しかし、これが「沈丁花」だということには納得がいきません。どうしてこうなったんだろうと思わずにはおれません。
(まさか、私の買ったものだけ不良品で、香りがおかしいのだろうか?)

練り香水 沈丁花のかほり

容器は?

 蓋がねじ式になっているクリーム容器(軟膏容器)です。練り香水容器の中では、一番小さい部類だと思います。私は、個人的に、持ち運ぶには薄い容器が好きなので、もうちょっと直径を出して、薄くしてくれたら嬉しいのですが、まあこの辺のところは人それぞれです。


⇒箱だけの画像がブログにありますが、本当に箱だけなので、見ても面白くないかも:香水ブログ 椿堂練り香水/沈丁花のかほり

ネットでの購入は……

 ネットで買うなら、アマゾンがいつでも在庫があって買いやすいです。
 「入手」の項にも書きましたが、この練り香水は、とても小さくて安い商品ですので、この品を一つだけ買って送料をかけるのは勿体無いように思います。

 いくらであっても、「なんとしても入手したい」のであれば、送料くらいはケチりたくないところですが、この品そこまでして頑張って買う類のものではなく、もっと軽快にお手軽に買うようなタイプのものと感じます。
 私なら、送料無料で買うか、ほかのものを買うときに一緒に買うと思います。

Amazon 椿堂 練り香水 沈丁花のかほり
楽天市場 椿堂 練り香水 沈丁花のかほり
Yahoo!ショッピング 椿堂 練り香水 沈丁花のかほり


カテゴリ
練り香水とは
練り香水を作る
練り香水を買う

サイトマップ

Copyright(C)2007.11.15-. 練り香水館.All Rights Reserved.