☆なかよし2014年3月号付録 練り香水コンパクト
 HOME > 練り香水を買う > 珍品:なかよし2014年3月号付録 練り香水コンパクト

珍品:なかよし2014年3月号付録 練り香水コンパクト

【成分】 ワセリン、ミネラルオイル、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、香料、オゾケライト、マイクロクリスタリンワックス、ポリソルベート 60、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG−30、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-30、メチルパラベン、(+/−)酸化チタン、青1、黄4、赤227、赤504
【容器サイズ】 10.8cm×6cm×2cm

スポンサーリンク

なかよし2014年3月号付録 練り香水コンパクトとは?

 なかよし2014年3月号付録 練り香水コンパクトとは、少女マンガ雑誌の「なかよし」の付録についていた練り香水でして、雑誌発売の週に、当サイトの付属ブログにも記事をアップしました。

 当時私は、web検索しているときに、「練り香水」の検索候補として、「なかよし」というのが一緒に出てくるようになっているのに驚き(ある日突然、「なかよし」のワードが出現したので)、いろいろ検索結果を見たところ、
「どうやら、少女雑誌の付録に練り香水が付いたのだな」
と知りました。

 こどもの雑誌の付録なんて……と最初は思ったのですが、いろいろな情報を見てしまうと、「安いんだし、話の種に買ってもいいじゃないか」と思い始めてしまいました。本当に、こうやって必要でもないものを買ってしまうのですね……。

 で、入手しました。

 雑誌とピンクの箱に入った付録が、一くくりなっていました。雑誌の付録としてはかなり大きいような気がしますが、最近は婦人誌にも大型の付録をはさんで売っているのをよく見かけるので、昨今の付録はこのくらいのボリュームがあるものなのかもしれません。

 私がゲットしたタイミングは、練り香水好きとしては遅いほうだったと思います。ネット上では、すでに画像付きのレビューが多数出て、ヤフオク!にも出品されていました。

こんな付録です

 練り香水は、このような箱に入っていました。


 正式名称は、「香りメイクパレット」なのですね。

 箱の中からは、このようなプラスチックのコンパクトが出てきました。この時点で、ものすごくフルーティな香りがしてきます。




思いのほか大きい……。

 この大きさは、大人には好まれないと思いますけど、雑誌の付録となると、あまり小さいのは「しょぼい」と感じられるのでしょうか?

↓ラインストーンのシールが付いてました。


↓このようなプレートがパレットにのっていました。

 練り香水の表面を保護するためなのでしょうか?



 私は、「表面保護?」のプレートは邪魔なのですぐに捨ててしまいました。


 すごく小さなスパチュラが付いています。


 このスパチュラは個人的には要らないなあと思いましたが……

この練り香水のコンセプトが、「積極的にブレンドを楽しんでくれ」というものらしいので、スパチュラが付いているのは正解だと思います。
 私のような、練り香水で実験するのが大好きな人間はともかく、なんとなく練り香水をゲットした方は、わざわざあれこれとブレンドを楽しむことは少ないように思います(子供さんでもそうだと思うのです)。そこに、「ブレンドのための道具」をつけることにより、自然にブレンドを促されるのではないでしょうか。

練り香水コンパクトは、8種類の香り

 練り香水コンパクトには、8色の香りが収められています。

 香りの種類は、下の画像のように説明されています。

 右上から、ミルキーベリー、マシュマロバニラ、リラックスフローラル、トロピカルシャイン、フレッシュベリー、スウィートブーケ、メロンシャーベット、シャボンソープ、になります。上の画像は、雑誌の表紙に掲載されていたものです。

 それぞれの香りの説明も、雑誌に載っていました。


 香りの名称・説明は、すべて雑誌に載っているだけで、練り香水の箱にも、コンパクトそのものにも記載がありません。つまり、雑誌を処分してしまうと、文字情報のほとんどが失われてしまいます。私の感覚からすると、練り香水コンパクトの箱に、香りの種類をはっきり記載し、箱の中に紙一枚でいいから説明書きを入れたらいいんじゃないかと思うのですが、まあ色々と都合があるのでしょう。

 私自身がそれぞれの香りに感じたものを、参考までに下に書いておきます。
 香りの持ちは、どれも短めです。

使い心地は?

 とても伸びのよいテクスチャで、使いやすいです。さすが、子供用。

 もう一つ、子供用で良いと思ったことがあります。私は同一の練り香水をあまり連続して使うとかぶれ始めてしまうことがあるのですが、この練り香水は、どれだけ使ってもなんともありませんでした。多分、子供の肌に乗るものとして作られているおかげかな……と勝手に推測しています。

香りのブレンド

 この練り香水は、ブレンドを楽しむことを前提に作られているものです。
 そのため、それぞれの練り香水は、練り合わせるのがとても簡単で、「混ぜ難いストレス」はありません。

 コンパクトの中には、「混ぜるスペース」が確保されていませんので、指の上で混ぜるのも、別容器で混ぜるのも、使用者まかせです。私は面倒だったので指の上で混ぜてしまいました。
 指で混ぜるとよくわかるのですが、この練り香水は、温度変化の影響がとても大きいです。人肌の温度で、いとも簡単に溶けて混ざっていきます。
 ということは、気温変化の影響も大きく受けるということになります。
 このような安い練り香水にそれほど気を使うことはないのかもしれませんが、温度の影響が心配なら、冷蔵庫で保管したほうが良いでしょう。

 この練り香水に限らず、香りのブレンドが楽しいのは、
というような理由だと思います。
 この練り香水コンパクトの香りをブレンドするのも、上記のような理由で楽しいのですが、ブレンドで自由自在に香りを操れるとは期待しないほうが良いです。

 この練り香水をブレンドしてできる香りは、わりと単純な足し算で予測できる範囲です。また、分量の多いほうの香りが勝ってしまい、少ないほうの香りが跡形もなくなるようなことも起こります。
 ただ、どの香りをどう足しても、妙な香りになることは無いので(私は、全種類混ぜ合わせるのも試しました)すごく気楽に混ぜて楽しんだら良いのかなあと思います。

 ブレンドする前に、私が心配したのは、結構どぎつい色だけど、混ぜて不愉快な色になったりはしないだろうかということでした。練り香水は、一度にそう大量を付けるものではありませんので、変な色になっても伸ばしてしまえば分からないですが、子供さんたちが混ぜて楽しむには、ビジュアル的なものは大事だろうと思ったのです。

 そう思って、ミルキーベリーとシャボンソープを、それぞれ同量ずつくらいとって混ぜ合わせ、どんな色になるか見てみました。

↓なかなかスゴイ色です……


 混ぜるている最中は、なにやらレインボーカラー風……


 なじむまで混ぜると、わりと普通の紫色に。


 でも、さらにメロンシャーベットの緑を足してみたら……

 ちょっときれいとは言えないような色が出てきてしまいました。色的にも、香り的にも、二種類程度混ぜるのが良いような気がします。

少女マンガ雑誌の練り香水付録は、後発が出た

 たしか、なかよしのすぐ後くらいに、別の少女マンガ雑誌にも、練り香水の付録の付くものが出ました。
 私は、人にそれを教えてもらったのですが、二回も付録のために子供雑誌を買う気になれなかったので、入手はしませんでした。
 後発が出たということは、結構良い反響があったということなのでしょうか?

 練り香水好きとしては、少女たちが練り香水を手にする機会が増えるだけでも喜ばしいことだと思うので、大歓迎です。


カテゴリ
練り香水とは
練り香水を作る
練り香水を買う

サイトマップ

Copyright(C)2007.11.15-. 練り香水館.All Rights Reserved.