☆うさぎ饅頭 練り香水:沈丁花
 HOME > 練り香水を買う > 気軽に買える練り香水:比較表 > うさぎ饅頭 練り香水/沈丁花

うさぎ饅頭 練り香水:沈丁花

ウサギ饅頭練り香水:沈丁花

【内容量】 8g
【成分】 水添パーム油、ミネラルオイル、マイクロクリスタリンワックス、香料、トコフェロール、ミツロウ、パラフィン、水添レシチン
【容器サイズ】 直径約4p

入手は、京都では簡単

ウサギ饅頭練り香水:沈丁花

 私は、東京のコスメショップ、香水専門店などでは、うさぎ饅頭練り香水を見かけたことがありませんが(私が見逃しているだけかもしれませんが)、京都に行くと、いたるところで買えます。

 うさぎ饅頭練り香水は、マミーサンゴの展開している「京都コスメ」の一つであり、京生菓子をイメージした「京都風練り香水」ですので、京都土産の一面を持っています。そのため、京都から離れた土地の、一般の化粧品店では、ほとんど入手できないのだと思います(奈良とか、三重とか、大阪あたりなら結構買えます)。
 京都でなら、駅のキオスク、土産物屋、コスメショップ、ホテルの売店など、どこにでも売っていますので、現実的な購入方法は「ネットで買うか、京都で買うか」という話になります。

 私も、何度か京都に行ったときに買いましたが、サンプルを出しているお店が多いので、ぜひ付けて試してみてください。
 また、この商品の売り場をしばらく見ていると、結構な数のお客さんが買っていくことが分かると思います。特に、女性がまとめ買いしていくケースが多いです。あれは、多分職場などのお土産にしているのではないかと思います。
 うさぎ饅頭練り香水は、ちょっと珍しい・京都らしい・小さくて軽い・腐らない・1000円を切る手ごろな値段という、お土産にふさわしい要素を満たしているので、買いやすいのだと思われます。

付け心地・香りは?

 さらっとしていて、付け心地は良いです。
 しかし、「沈丁花」の香りであるのに、私にはスズランの香りに感じられます。リアルな沈丁花の香りには遠い、というのが私の感想です。かなり多めに付けると、やや沈丁花らしく感じることもあります。

 香りの持ちは優れている方です。付けたては非常によく香り、時間がたっても比較的消えにくく、長持ちします。

(私個人の感想としては、「沈丁花の香りからは遠い」と書きましたが、一度、この練り香水の容器を開けた瞬間に、「あれ? 沈丁花咲いてる?」と言った人がいまして……それからは、「そんなに遠いわけじゃないのかな」と思っています)

練り香水 うさぎ饅頭【沈丁花】

容器は?

 一見したところ、生菓子風のパッケージになっています。その包装の中に、お菓子のうさぎ饅頭の形をしたプラスチック容器が現れます。この容器を開ける前から、うっすら香水が香ります。

 うさぎ饅頭の形がかわいいので、持ち歩いていると、女性には「それなに?」と興味をもたれることが多いです。
 個人的には、うさぎ饅頭シリーズの中では、白いこの容器が一番持ち易いように感じます(練り香水自体の色も白が一番良いように思います)。

※ブログに、箱だけの画像があります。本当に箱だけですので、見ても面白くはないです⇒うさぎ饅頭練り香水:沈丁花

ネットでの購入は……

 京都に行かずに入手するなら、楽天市場などのショッピング・モールで購入するのが手軽です。ショップによっては、送料を含めても実店舗で購入するよりも安い場合も有るので、リサーチしてみる価値はあると思います。

楽天市場の 練り香水/うさぎ饅頭:沈丁花

 あと、見逃せないのはネットオークションです。オークションだと、100円くらいで出ていることもあります。出品数が多いのは、やはりヤフオク!です。




カテゴリ
練り香水とは
練り香水を作る
練り香水を買う

サイトマップ

Copyright(C)2007.11.15-. 練り香水館.All Rights Reserved.